さば猫の缶詰。

漫画、アニメ等の感想&二次創作ブログです。たまにイラストや小話を掲載していきます。復活!とぬら孫が中心です。(ぬら孫は停止中) ツナハル&リクつら推進委員なので、閲覧時はご注意を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



キャラ語りでも (ハル)

ブログを始めるに際して、REBORNのアニメを見直してみました。

といっても、アニメも録画してあるのがヴァリアー編からでして、最近買った単行本も同じくそこからしかもっていないという・・・;

見てたのに何故手元に無い!
何故消したし。

やる気の無いあの頃カムバック!
やり直して録画してこい(笑)
当時はこんなにハマルとは思って無かったですからね。


さて、ヴァリアー編以前はおぼろげな記憶のまま、ハルについて語ろうかなと。
(大丈夫か)


登場時点から何かとお騒がせなハルを、当初は別になんとも思ってはいませんでした。

でもあの思い込みの激しさや主人公まっしぐらさ加減を、常の自分なら苦手キャラの分類に入れるはずがそれをしなかったのが不思議。

好きだなぁと思ったのは、未来編 標的95 原作で言うと標的168~170ですね。



未来編食料庫での一件。

ひっそりと泣くのが日課って・・・!

ああ、こういう子だったのか…って、ツナと一緒にちょっとショックを受けました。

影で泣く様な、普通の、か弱い女の子だったんだなぁ、ただの考えなしじゃなかったんだなぁって。(失礼)


だってそういえば、ハルってマフィアの事知ってるのにあんなに普通に接しているものだから、てっきり思いっきりギャグキャラで、頓着しないのはデフォルトなのかと。

だが違った・・・!



忘れていましたが、ハルって一晩考えてツナの力量試したり(原作標的12)ツナの事好きでいいのか悩んで密かにツナの人柄を体を張って試したり…と、結構物事を深刻に考える子でしたよ。

…解決法と行動と結論が突拍子もないからややこしいんですけど;



そんな子が、いきなり知らない所にきて家に帰れないって言われて、家族も親しい知人もいなくて、どうやって耐えろって。



仲が良いのは京子とビアンキのみ。

でもビアンキは10年後のビアンキだし。

京子は了平の一件とかで意外に脆い一面があっただけでなく、きっとハルは「京子ちゃんには弱い姿は見せられない」って思っていたのかも。同じ境遇の友達として。
最初にたくさん泣いて心配かけちゃったし。


他は男の子だし学校も違うから実はあんまり接触があるわけじゃないし、親しい友人というわけではない。

ただあるのは「ツナが好き」という気持ちだけ。
メンバーとの繋がりってそれくらいしかなくて。


その唯一のツナへの気持ちが、怒鳴られたことでがたがたになって。


なんで私ここにいるんだろうって思うよなぁ。

(ところで原作にはあった、ツナに怒鳴られた後の「いつでも相談に乗ります」って台詞、なんでアニメではカットしたんでしょうかね?結構ハル的には大事な台詞かと思うんですけど・・・)



そう考えると「惚れた弱みに付け込んで!」っていう台詞がとっても愛しいっす。



最初、階段から落ちて鼻血垂らしてる姿でぽうっとできるなんてなんで!?って思ったんです。

でも、ハルは、自分が悪かったんだって思ってちゃんと謝ってくれる、他人を思いやれるツナに惚れ直したんですね。

最初のきっかけこそ、助けてくれてかっこよくて強いツナに惚れたのでしょうけれど、一緒にいることでツナのいいところを凄く良く理解してるんだなって。

獄寺とか山本並ですな!



子供贔屓なハルとしては、ランボとも仲直りしたって所にもカンドーしたのかと。

鼻血出してたって階段で転ぶようなドジかましたってイライラして当たられたって何にも話してくれなくたって、ハルは許しちゃうんです。

自分には何も出来ないってわかってるから自分を責めたり、自分が悪かったって思って反省していたのに、ツナの方から謝ってくるとはまさにサプライズ!

元気も出るってもんです。



そんなハルを見て、

ああ、恋、してるんだなぁって。
可愛いなぁって。


思っちまったんですよ!!



そんなこんなでこの回からハル贔屓になったさば缶。








という話。


なんだかハルの事話すだけでだいぶ長くなってしまった…




好き勝手書いてすみません;


でもこれからもこんな感じで、分析のような考察のようなただの語りのような文を書いていきます。

ついていってやるぜ!という心優しい方のみ、どうぞよろしくお願いします。


スポンサーサイト


▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://mackerelcan.blog134.fc2.com/tb.php/3-a0ffc646

 | HOME | 

プロフィール


林。(元:さば缶。)

Author:林。(元:さば缶。)
ハルとつららがいれば幸せ。
嫁は旦那のもの。
単品よりセットですよ!

二次創作は見るのも描くのも
NLCPが中心。
マイナー街道まっしぐら。
BLはオリジナル作品が好物です。

手ブロもRe!とぬら孫中心。
企画があれば出没します。

最近はpixivでの宣伝が先行してます。
Twitter→アットマークhayashi_maru


最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク


このブログをリンクに追加する


FC2カウンター



検索フォーム



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


QRコード


QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。