さば猫の缶詰。

漫画、アニメ等の感想&二次創作ブログです。たまにイラストや小話を掲載していきます。復活!とぬら孫が中心です。(ぬら孫は停止中) ツナハル&リクつら推進委員なので、閲覧時はご注意を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



どこのセバスチャンも戦いすぎ。

知っている人は知っているし、知らない人は全くもって知らない漫画

「戦う!セバスチャン」

ですが。


新刊がやっと発売されました!!
嬉しい!
そしてなんと今回は、セバスの少年時代のお話「少年セバスチャンの執事修行」との同時発売!
嬉しすぎる!!
もちろん初回付きをGETしました。

この漫画を知らない方は、以下のさば缶の下手な感想をお読みになって、ぜひ手に取ることをお勧めします。


「ドタバタギャグ」「ちょっとのBLくささ」「少しの血&生臭行動」「不条理なほどのお馬鹿さ」
「執事の強さとS度>>>越えられない壁>>>主人の権威と威厳と愛」
これらがOKならお勧めしまくりますので!


以下作品説明と感想↓(長)




今回のメイン話は、

「使用人急募!人外可。」
「旦那様の威厳復活計画」
「B君の辛い夜」
「自画像の恐怖!甦りじい様とク○ラ、愛の物語」


です。(多少の語弊有りw)




フラン○フルト1の大富豪であるデーデマン家のでかいお屋敷は、管理だけでも使用人6人
(執事、使用人頭、使用人2名、メイド1名、コック1名)じゃとっても大変です。

にも関らず、
「火薬魔で仕事をしない当主(名をデーデマン)」
「屋敷中に穴を掘り、不死身の生命力を持つ少女型人外生命体(名をヘイジ)」
「年齢不詳で闇使いのお向かいさん(ユーゼフ)」
「はた迷惑な大旦那とその妻(デーデマン父と母)」
「その他諸々の超人変人奇人訪問者」

などなどが毎日のように出没するので、仕事にならないどころか余計な仕事を増やしてくれます。


というか、屋敷ごとふっとばしてくれちゃったりもします。


どっかの悪魔な執事がいる屋敷より、よっぽど面倒です。
だってあそこの坊ちゃんはちゃんと仕事しますもんw
使用人の暴走だって、あんなんかわいらしいもんです。
ていうかこっちのセバスは、執事自ら広大な森を焼き尽くし、親子でご近所周辺を瓦礫と化したりするし。
悪魔との契約なんてちょろいよhahaha!

(恐ろしき、シリアスとギャグの違い)



よって、使用人A&B(←そういう名前w)と、唯一のメイドであるツネッテは毎日死ぬ思いで働き、体も心も酷使しまくりです。



なので、もういいかげん古株で回してないで、戦力となる(文字通りの意)新人を発掘しよう!という話になりました。


しかし、デーデマン家に仕えるためには、並々ならぬ体力と尋常ならざる精神力(主にこっちが重要)が必要なのです!!

それこそゴ○ブリ並みの。


そんな人材そこらにいるわけないよ!

ってことで、なんやかんやするわけですが、結局見つからないのはお約束です。

ディビット(超人なのに至極真っ当な癒しオーラを放つコック)並の新人はもう登場しないと思うので、もうみんな諦めた方がいいと思うこの頃。


新人じゃないけど使えるヤツらも手に入ったことだし、それで満足したらいい!!

…まぁ、少女型謎の不死身生命体ヘイジの、脱皮後の皮数十枚(生体反応有り)ですが。


決して実写にしたらいけない漫画である。

(絶対ならんがな。)





旦那様の、身長と権威とセバスの愛を求める話は、この漫画では良くある話なので割愛。
(これも愛故w)



さて、さば缶は「使用人B君」が非常に好きなので、彼が多めに出るだけでハッピーです♪

前髪下りてて可愛いなぁもうvv
(普段は上げて固めている)

彼は、たいていの事には動じずクールな性格なのですが、唯一お向かいさんのユーゼフ様が関ると非常に駄目な子になります。
お向かいさんに回覧板を届けたときのトラウマで(何があったかは定かではないw)、ユーゼフ様の黒い瘴気を感じると一目散に逃げ出します。

逃げて向かう先は唯一の癒しであり絶対防御なディビットさんの元。
闇の瘴気を陽のオーラが中和するらしい。

いい大人(B君22歳)がいい大人(デイビット25歳)におんぶしてもらったり抱きついたりとか、
なんかもう可愛いとしか言いようが無いよB君!!
半泣きとか。
全く、反則だこのやろう。

彼の反応が面白くて、わざといじめるユーゼフ様も最高ですがね(^^)



そんなBくんが今回夜の屋敷見回りをするのですが、夜は夜で昼間とは違った危険がいっぱい。
トラブルを起こす旦那様たちが寝ている代わりに、執事であるセバスが問題を起こすんです。

セバスってば極度のネボッケーなんで。
寝ぼけて近くにいる人間誰彼かまわず寝かしつけるは、人の判別ができないは、いきなり戦闘始めるは、爆発(?)するは、本人翌日何も覚えてないは・・・一番手に負えません。

なので、特記事項として「セバスを起こさないこと」「寝ぼけた彼に遭遇しないこと」が夜見回りの鉄則となっております。



が。


この夜B君は出会ってしまったのです・・・!

寝ぼけたセバスと元気の有り余ったヘイジと、デーデマン家の深夜徘徊が趣味(←)なお向かいさんユーゼフ様に!



なんてこったい。



というわけで行き場の無くなったB君は、窓を突き破って外へ逃げ出したりなんなり。

2階だろうがなんだろうがお構いなしです。

逃げられればOK。

普通なら大怪我どころではすまないと思うのですが、そこはデーデマン家の使用人なので無傷ですw
B君も立派に常人を超えている気がします。

ヘイジ脱皮後の皮たちを手懐けている時点で、もう真っ当な人間でもないかもしれませんがw



最近初めてセバスの二次創作サイトを見てみたのですが、B君、人気あるんですね。
受けとして(笑)
可愛いって思っているの、さば缶だけじゃなかったんだなぁ。
ちょっと嬉しいです。

自分の周りには、B君好きがいなかったので;





さて。
思いのほか長くなったので、後の「肖像画事件」は割愛。


デーデマン一族に容赦が無いのは、一重にセバスチャンの影響かと思われます(笑)






まぁ要するにドタバタですよ。
感動も涙もありません。

ただ馬鹿な奴らが馬鹿やってるだけです。
(酷い)


ストレスたまった時とかに読むと、なんかもう悩みとか馬鹿らしくなって、どうでもよくなります。
それがいいのか悪いのかはさておいて、ちょっぴり刺激が欲しい方はぜひどうぞ。

実はドラマCDとかもあったりするのでそちらも探してみてはいかがでしょうか。




スポンサーサイト


▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://mackerelcan.blog134.fc2.com/tb.php/35-a6a4f1fa

 | HOME | 

プロフィール


林。(元:さば缶。)

Author:林。(元:さば缶。)
ハルとつららがいれば幸せ。
嫁は旦那のもの。
単品よりセットですよ!

二次創作は見るのも描くのも
NLCPが中心。
マイナー街道まっしぐら。
BLはオリジナル作品が好物です。

手ブロもRe!とぬら孫中心。
企画があれば出没します。

最近はpixivでの宣伝が先行してます。
Twitter→アットマークhayashi_maru


最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



リンク


このブログをリンクに追加する


FC2カウンター



検索フォーム



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


QRコード


QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。